サイクリングとは、自分の身体を使って楽しめる「スポーツ」であり、遠くへ出かける「ツーリズム」を満足させてくれる趣味でもあります。そうは言っても、公共の道路上を走るために、楽しいことばかりではない、という側面も。

 

一部、マナーの悪いサイクリストのおかげで、「サイクリスト=トラブルメーカー」という烙印を押している人も見受けられます。また最悪の場合、交通事故に巻き込まれるということもあるのです。

 

そこで、2つの点についてお願いがあります。

 

1. 交通ルールを守る(車道の左側通行、やむを得ず歩道上を走る場合は徐行、2段階右折など)

2. 自転車保険に加入する(自転車は、被害者になるだけでなく、加害者になることもあります)

 

私たち自身がマナーの向上を心がけるのはもちろん、安全のためにできることについても理解して、この素晴らしいサイクリング文化を発展させていきましょう。

 

 

愛媛県の公式サイトに詳しい案内があります。お時間のある方は、こちらも覗いてみてください。

 

愛媛県公式サイト